トイレと排泄のお世話

排泄の介助は、高齢者の自主性や人格を尊重しながら、 自主的にトイレに行ける環境づくりを整えることが大切です。
トイレまで行くのが無理な場合は、ポータブルトイレで排泄できるようにし、 おむつは最後の手段と考えてください。

便意がわかり自力でトイレまで行ける場合

歩行補助具を使って歩ける方は、積極的にトイレに行くことでリハビリにもつながります。
しかし、夜間の移動は事故にもつながりますのでベッドのそばにポータブルトイレを用意しておきましょう。
夜になってからあまり水分の補給をしないなどの工夫も必要です。

起き上がれるがトイレまでいけない場合

  • ポータブルトイレや便器いすなどを使用。緊張をやわらげプライバシーの尊重のため、衝立などで仕切を作ります。
  • 後始末は速やかに行い、消臭剤の使用や充分な換気で臭いを消します。また、おしぼりやトイレットペーパーは取りやすい所に置いておきます。
  • 介護が必要な場合は、介助者はトイレの準備をしたらその場を外し、済んだら呼び鈴等で呼んでもらい後始末をします。

ポータブルトイレの使い方

自分で移動できる場合

toilet_05

介助が必要な場合

toilet_06

おむつを使うときの注意

大人用紙おむつの医療費控除について