介護保険制度について

介護保険制度とは


私たちの社会は、現在、急速に高齢化が進んでいます。
高齢化に伴い、介護を必要とする方の増加が見込まれていますが、少子化・核家族化などにより、家族だけで介護を支えることは困難な状況にあります。
「介護保険制度」は、こうした状況を背景に、介護を必要とする状態になっても安心して生活が送れるよう、介護を社会全体で支えることを目的として平成124月からスター卜しました。

 

 

介護保険のしくみ


介護保険制度は、加入者が保険料を出し合い、介護が必要なときに認定を受けて、必要な介護サービスを利用する制度です。

 

実施主体

介護保険の実施主体は、市町村です。
市町村は保険者として、保険料と公費を財源として、介護保険事業を運営しています。

 

加入者(被保険者)

介護保険の加入者(被保険者)は、年齢により第1号被保険者(65歳以上の方)と第2号被保険者(40歳~64歳の方で医療保険に加入されている方)に区分されています。
1号被保険者の方は原因を問わず、第2号被保険者の方は、加齢による病気(特定疾病)が原因で介護や支援が必要になった場合に、要介護認定を受けて、それぞれの要介護状態に応じたサービスを利用するととができます。

 

保険料

1号被保険者は、年金からの天引きや直接保険者に納付する方法で定額の保険料を納付します。
2号被保険者は、国民健康保険料や職場の健康保険料などと一緒に納付します。
1号被保険者も第2号被保険者も保険料は所得に応じて決まります。

 

 

介護保険のサービスを受けられる方[被保険者]


65才以上の方(第1号被保険者)

要支援・要介護状態の人。

 

 

40~64才の方(第2号被保険者)

医療保険に加入している方で、特定疾病(下記参照)により
要支援・要介護状態の方。

 

特定疾病とは次の16種類です。
●筋萎縮性側索硬化症(ALS)
●後縦靱帯骨化症
●骨折を伴う骨粗鬆症
●パーキンソン病
●シャイ・ドレーガー症候群
●閉塞性動脈硬化症
●がん末期
●脊髄小脳変性症
●脳血管疾患
●慢性関節リウマチ
●早老症
●脊柱管狭窄症
●糖尿病性神経障害・糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
●両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
●慢性閉塞性肺疾患(肺気腫・慢性気管支炎・気管支喘息・びまん性汎細気管支炎等)
●初老期における認知症(アルツハイマー病、ピック病、脳血管性痴呆、クロイツフェルト・ヤコブ病等)